乱れることで

ぼんやりしている

加齢とともに現れてくる目の病気に白内障と緑内障があります。緑内障は視野がだんだんと狭くなるのが特徴で、白内障は目にもやがかかったように霞んだりします。緑内障の場合は眼圧が高くなり視神経が圧迫されることによって起こります。一方白内障は、水晶体が濁ることによって目が見にくくなるという症状です。これらの眼の病気ですが緑内障は遺伝や加齢の他に、喫煙や自律神経、生活の乱れが原因となっています。白内障の場合は、加齢によるビタミン不足で病気になる場合があります。どちらの目の病気も、加齢と生活習慣の乱れなどでおこります。ですから予防するためには、ストレスフリーな規則正しい生活を心がけ、ビタミンをしっかり取ることによって防ぐことができます。

白内障や緑内障予防のトレンドとして、これらに効くサプリメントを摂取するのが流行りとなっています。白内障と緑内障に効果のある栄養素は「ルテイン」です。マリーゴールドの花や、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる栄養素となっています。抗酸化作用に優れているため、特に加齢による目の病気に効果が期待できるとされている栄養素です。白内障と緑内障を予防する栄養素として、サプリメントに登場しており日頃から摂取しやすい状態になっています。色々なサプリメントメーカーから登場しており、手軽な値段で購入できるようになっています。またルテインは目を紫外線やライトなどから守る働きもしており、目が疲れやすい人や紫外線などに弱い人にも効果的です。